五条大宮から南へ3分

〒600-8363 京都市下京区大宮通丹波口下る大宮1丁目554番地

ご予約・お問い合わせはお気軽に tel:075-351-3711 平日/9:00~13:30 15:00~19:30 木曜・土曜は午前診療のみ/休診日/日曜・祝日
  • 設備充実
  • 駐車場有
  • バリアフリー
お問い合わせフォーム

目立ちにくい入れ歯治療(スマートデンチャー)

清潔へのこだわり 駐車場完備 採用情報京都府歯科医師会 京都市立病院 京都大学医学部附属病院歯科口腔外科 洛和会音羽病院

スマートデンチャーとは?

スマートデンチャーとは金属のバネ(金具)を使用しない部分入れ歯のことです。金具のことを専門的にはクラスプと呼ぶため一般的にはノンクラスプデンチャーと呼ぶ場合もあります。他院ではスマイルデンチャーと呼んでおられることもあります。これらは、入れ歯の材質の組成が少し違う場合もありますが基本的には同じ仕組みのものです。
部分入れ歯は通常、残っている歯に金具をひっかけて固定しますが、スマートデンチャーは入れ歯を弾力性のある特殊な素材で作成して残っている歯を入れ歯でつつみこむようにして固定します。
このため、部分入れ歯の欠点である金属の金具が目立つということが無くなります。笑顔に自信が持てる部分入れ歯、それがスマートデンチャーです。
また、見た目の違和感が少なくなるほか、金具と歯とのすき間に食べかすがつまったり、舌ざわりが気になるといった異物感も軽減されます。
他にも、入れ歯の材質の吸水性が低いため、臭いや汚れがつきにくくなる。金属床を併用しない場合は金属アレルギーの方にも安心してご使用いただけるなどの利点があります。
あなたが部分入れ歯に感じておられる不満をスマートデンチャーが解消できるかもしれません。まずは、担当医にご相談下さい。

おすすめポイント

1.金具を使わないので目立ちにくい

部分入れ歯を固定するための金具を使用しないため目立ちにくく審美的に向上しています。他人に入れ歯を入れていることを気付かれたくない方に特におすすめです。

2.歯にぴったりとフィットする

金具を使用しないため、金具と歯とのすき間に食べかすがつまることがありません。残っている歯と入れ歯とのすき間が少なく、移行部分もなめらかなため入れ歯による違和感が軽減されます。
金具の異物感でお悩みの方におすすめです。

3.うすくて軽い

通常のプラスチック(レジン)による入れ歯に比べてうすく軽くすることができます。出来る限り入れ歯の違和感を減らしたいとお考えの方におすすめです。

スマートデンチャーをご使用になる際の注意点

注意点1
スマートデンチャーは取りはずし式の部分入れ歯です。通常の部分入れ歯と同様にご自分で取りはずしてお手入れをしていただく必要があります。
日常の清掃は取りはずした状態で流水下での歯ブラシによる清掃で十分です。変形のおそれがありますので熱いお湯は使用しないで下さい。
また、義歯洗浄剤の中には材質の劣化を早めるために使用に適さないものもありますので義歯洗浄剤をご使用になる場合には注意が必要です。詳しくは当医院スタッフにおたずね下さい。
なお、スマートデンチャーは総入れ歯の材質には適しません。快適な総入れ歯をご希望の場合は金属床義歯の作成をご検討下さい。
注意点2
スマートデンチャーを装着する前には必ず歯磨きをして下さい。スマートデンチャーは残っている歯にぴったりと入れ歯がはまりこんで固定されます。
歯のまわりに汚れが残っていると入れ歯が所定の位置におさまらない原因になったり、歯のまわりに汚れを封じ込めるようなことになるためにむし歯や歯周病の原因になるおそれがあります。
注意点3
スマートデンチャーをかむ力が強くかかる部位に使用する場合には金属床の併用をおすすめします。スマートデンチャーは材質が弾力性に富むために強い力がかかるとたわみます。
しっかりと力を受け止めて入れ歯の変形を抑えるためには金属床の併用が必要になります。金属床を併用することにより飛躍的に強度が増します。
金属床は歯の裏側や歯ぐきの内側を金属で覆うことになりますが口の中をのぞきこまない限り見えませんので審美的に大きな問題にはなりません。
金属床の金属は非常にうすく軽いため違和感が増えることもありません。このため、機能性も重視される場合には金属床の併用をおすすめします。
スマートデンチャーを良い状態で長く使用するためには残っている歯や抜けてしまった歯の歯ぐきの状態が安定している必要があります。
このため、むし歯の治療が必要な歯がある場合は先にそちらの治療が必要になりますし、歯を抜いた直後の場合は歯ぐきの状態が落ち着くのを待つ必要があります。
まったく入れ歯を使用したことの無いかたが歯を抜いて入れ歯を作る場合は、まずは通常のプラスチックのレジン床義歯を作成して歯ぐきの安定を待ち、その後にスマートデンチャーを作成されることをおすすめします。
また、歯周病が進んでいる場合は残っている歯を長持ちさせるため、歯周病の治療もあわせて行うことを強くおすすめします。金属床の併用をおすすめします。
スマートデンチャーは保険適用外です。費用は入れ歯の大きさや金属床を併用するかどうかで異なります。費用の目安は料金表に表示しておりますが詳しくは担当医にご確認下さい。

目で見て比較!!Before&after

当医院の患者様の症例をご紹介

メールでのお問い合わせはこちら
ページの先頭へ戻る